住まいのリフォーム!

住まいのリフォームは年齢に合わせて

うちは築30年以上の、かなり古い一軒家です。
そろそろ大がかりな住まいのリフォームに取りかからないと、老後が不便だなと考えているところです。
とはいえ、30年の間に一度もどこも直さなかったわけではありません。一度、うちの前の道路が拡張するというので、我が家をずらしたことがあるのです。
家全体を建て替えることは難しかったため、土台を作り直し、建物を少しだけ移動させました。そのときにキッチンを作り替えています。以前は、キッチンと食事するところが別々で、料理をしている母と、テーブルの私たちが会話をするのがたいへんでした。しかし、今度は対面式になったので、母も料理を出しやすくなり、テーブルに付きながら私たちも料理を手伝えるようになりました。でもこのキッチンも、できればもう一度作り直し、今度はもう少しコンパクトにしたいと思っています。母が足を悪くしたため、あまり動かなくても料理が捗るようにしてあげたいのです。
また、食材の倉庫が一段下にあり、この上がり下りも母の負担になっています。全部をフラットにし、転んだりすることのないようにしてあげたいです。
もう一度家に手を加えたことがありますが、それはシロアリにやられたときでした。南側の応接間から玄関にかけてボロボロになっていたそうで、屋根を全部補修してもらいました。このときに、玄関と応接間を作り替えています。時代遅れだった応接間の内装を取り払い、シンプルな部屋にしました。暑苦しい印象だった木目の壁もやめ、白い壁紙を貼ってもらいました。今まで誰も入らなかった応接間ですが、内装を少し変えてもらっただけでかなり印象が変わり、今ではここでテレビを見たりしています。あとは、母が年をとる前にお風呂を直してあげたいなと思います。冬のお風呂場はひんやりして、身体も固くなりがち。ちょっとした段差が事故につながることもあるそうです。
できたら脱衣所に床暖房を入れたり、お風呂のタイルを変えて滑りにくいようにしたいと思います。

Copyright (C)2014住まいのリフォーム!.All rights reserved.